40代・50代からの肩の悩み

なぜ痛みが出やすくなるのか?

関節を構成する骨、軟骨、靱帯や腱などが年齢により老化(変性)して肩関節の周囲組織に炎症が起きることが、主な原因と考えられています。
また、胸郭や肩甲骨の動きも年齢と共に低下し肩関節の負担が大きくなり、炎症が起きやすく痛みを生じます。

この炎症が起こる部位は、肩関節の動きをよくする肩峰下滑液包、関節を包む関節包、肩の筋肉が上腕骨頭に付く腱板、腕の筋肉が肩甲骨に付く上腕二頭筋長頭腱などがあります。

肩峰下滑液包や関節包が癒着すると、さらに肩の動きが悪くなります。

代表疾患

  • 肩関節周囲炎
  • 肩関節拘縮(40肩、50肩を含む)
  • 肩関節腱板断裂
  • 石灰沈着性腱板炎
  • 変形性肩関節症
  • 腱板断裂変形性関節症

肩関節周囲炎

いわゆる50肩は、50歳代を中心としてその年代に肩関節の痛みと運動制限を主徴とするものといわれている症候群の俗語で、一般的に肩関節周囲炎に分類されていることが多いです。
他の詳細な病名として烏口突起炎・上腕二頭筋長頭筋炎・肩峰下滑液胞炎・肩関節腱板炎等ありますが、通常は注射やリハビリなどで時間と共に軽快します。

肩関節拘縮(40肩、50肩を含む)

肩関節拘縮とは名前の通り、関節の可動域制限と疼痛を主な症状とするものです。
この中に50肩といわれているものも含まれます。
一次性…特にこれといった原因がないもの。
二次性…腱板の疾患、骨折などの外傷後、糖尿病や甲状腺疾患などに合併したもの
治療:
注射やリハビリの効果が大きいため、手術に至ることはほとんどありません。まれに拘縮や疼痛が改善しない場合は手術に至る場合があります。
手 術:関節鏡で厚くなった関節包や癒着している部分を剥離します。もちろん、原因がある場合はその部分も治療します。
図等
手術後:三角巾を使用しますが、術後の疼痛が軽減したら除去します。手術の翌日より肩を動かすことが可能ですが、術後の回復は個人差があり、約3か月程度で日常生活は問題なくなる事が多いです。
    もちろん手術後のリハビリも必要です。

肩関節腱板断裂

腱板断裂とは、不安定な肩を安定するために、肩甲骨と上腕骨をつないでいる腱が切れてしまっている状態です。
特に棘上筋の後方部は無理な負担がかかっているため、そこから断裂が広がりやすくなっています。そのため、一部あるいは広範囲に腱板が断裂すると、肩関節が安定せずに痛みが出現することが多いです。
図等
原因は転倒などのはっきりした外傷がある場合と、はっきりした原因がなく年齢等
の変性で発症する場合があります。
治療
腱が切れていても注射とリハビリで症状が軽快したりすることがあります。
ただ、腱板が断裂した状態で、注射やリハビリしても切れた腱は自然修復の可能性は極めて低く、また、断裂部が時間と共に広がり、筋機能が低下していくことが多いです。
そのために、リハビリを3ヶ月ぐらい行っても症状が残っている場合は手術を勧めます。
手術:手術は肩関節周囲に約5mm~1cmの切開を数か所加え、カメラと器具を使用し、アンカーと呼ばれる糸付きのスクリューを骨の中に挿入し、その糸を利用して断裂した腱板を縫合します。
写真や図
手術後:手術後は装具を3~6週間装着します。
     (装着期間は断裂の大きさや筋肉の質によります。)
     復帰時期は、日常生活は約2か月、中作業は約3か月、重労働、ハードなスポーツは約4~6ヵ月が復帰の目安です。
写真や図

石灰沈着性腱板炎

中年女性に多い疾患です。
治療
通常は注射等で軽快しますが、肩の動きが悪いとリハビリが必要になります。
難治性の場合は手術により石灰を摘出し、摘出した欠損部は縫合します
図等
手術や手術後の固定やリハビリ等は腱板断裂と同様に行っていますが、回復は腱板断裂の場合よりかなり早いです。

変形性肩関節症

主に加齢により肩関節の軟骨がすり減り、痛みや運動制限が出ている状態です。
治療
基本は注射やリハビリを行いますが、疼痛が軽減しない場合は手術を行います。また、変形が高度な場合は手術を早めに勧める場合もあります。
手術:失った機能が再建でき、痛みが楽になる可能性があれば人工関節の適応があります。手術内容は、機能を果たしていない上腕骨骨頭と関節窩の部分を人工関節に置き換えます。
他の適応疾患については、血行が悪い骨折・関節リウマチ・骨軟骨の壊死等ありますが、場合によっては、上腕骨のみを置き換える人工骨頭置換術のみを行う場合や腱移行術を併用することがあります。
手術後:腱板断裂の手術後のリハビリと同じように行っていますが、疼痛と可動域の改善は早いです。
図等

腱板断裂変形性関節症

腱板が広範囲に断裂しているために、骨・軟骨が損傷し肩の機能が著しく低下している状態です。
日本で2014年に認可されたリバース型人工肩関節置換術というものがあります。
ヨーロッパ等では歴史や術後成績のデーターがありますが、日本ではまだ使用年数が少なく特に小柄な人には問題点が多いです。
主に腱板断裂の程度がひどく修復できない場合に使用する事が多いですが、血行の悪い粉砕骨折や関節リウマチに使用する場合もあります。
通常の人工関節より少しリスクが高くなるので、ガイドラインに沿って治療を行っていますので、適応の場合は外来で詳しく話していきます。
図等