人工関節

人工関節について

失われたものを人工のもので補い満たそうとする発想で、膝関節や股関節の人工関節は機能回復に著しく貢献し、肩の人工関節は今後発展していくと思われます。

関節の変形が進行した場合には、失った機能が再建でき痛みが楽になる人工肩関節置換手術により、関節の動きを滑らかにすることが可能です。

手術はまず肩の前方を10~15cm程度切開します。肩関節を露出し、上腕骨骨頭部を切除し金属製の人工骨頭を挿入します。関節窩側を置換する場合は、損傷した表面を削りとり人工関節を骨セメントで固定します。
関節の状態によっては上腕骨頭のみを置換する場合もあり、この場合は人工肩骨頭置換手術と呼びます。

手術翌日にはベッドから起き、歩くことが可能です。術後数日後よりに可動域訓練のリハビリを開始します。術後の経過にもよりますが入院は通常2~3週間程度です。

また、日本で2014年に認可されたリバース型人工肩関節置換術というものがあります。
ヨーロッパ等では歴史や術後成績のデーターがありますが、日本ではまだ使用年数が少なく特に小柄な人には問題点が多いです。
主に腱板断裂の程度がひどく修復できない場合に使用する事が多いですが、血行の悪い粉砕骨折や関節リウマチに使用する場合もあります。
通常の人工関節より少しリスクが高くなるので、ガイドラインに沿って治療を行っていますので、適応の場合は外来で詳しく話していきます。

代表疾患(人工関節)

  • 変形性肩関節症
  • 腱板断裂変形性関節症

変形性肩関節症

主に加齢により肩関節の軟骨がすり減り、痛みや運動制限が出ている状態です。

治療
基本は注射やリハビリを行いますが、疼痛が軽減しない場合は手術を行います。また、変形が高度な場合は手術を早めに勧める場合もあります。
手術:失った機能が再建でき、痛みが楽になる可能性があれば人工関節の適応があります。手術内容は、機能を果たしていない上腕骨骨頭と関節窩の部分を人工関節に置き換えます。

他の適応疾患については、血行が悪い骨折・関節リウマチ・骨軟骨の壊死等ありますが、場合によっては、上腕骨のみを置き換える人工骨頭置換術のみを行う場合や腱移行術を併用することがあります。
手術後:腱板断裂の手術後のリハビリと同じように行っていますが、疼痛と可動域の改善は早いです。

腱板断裂変形性関節症

腱板が広範囲に断裂しているために、骨・軟骨が損傷し肩の機能が著しく低下している状態です。
日本で2014年に認可されたリバース型人工肩関節置換術というものがあります。
ヨーロッパ等では歴史や術後成績のデーターがありますが、日本ではまだ使用年数が少なく特に小柄な人には問題点が多いです。
主に腱板断裂の程度がひどく修復できない場合に使用する事が多いですが、血行の悪い粉砕骨折や関節リウマチに使用する場合もあります。
通常の人工関節より少しリスクが高く、ガイドラインに沿って治療を行っていますので、適応の場合は外来で詳しく話していきます。